心理カウンセリング / リラックス・ヒーリング / 催眠療法 / 子育て相談 / 電話カウンセリング / レイキ・セミナー / 愛知県岡崎市



ーお知らせー
 このたび誌上版「空と大地と」
 を発行する運びとなりました。
 気づきと発見・輝くあなたをサポ ートする無料の情報誌です。
 読んでみたいと思われた方は
 FAXまたはEメールに住所、氏名
 をお書きの上お申込みください。



 4コマ漫画で始まる
   癒し森丸見せ対談

 癒しの森のカウンセラー、
 石田先生&山田博子のちょっと 笑える本音トークの炸裂!?
 ぶっちゃけ言っちゃおう!

その@ 驚異のネコ好き女の巻
そのA 驚愕のカメ好き男の巻
そのB 怒涛の競歩
そのC 考えるだけ無駄な話
そのD 幼児化戦術の巻
そのE 無意識の暴走
そのF フトコロ事情
そのG 全員(むりやり)集合の巻
そのH 白昼夢☆山田の巻
そのI 妄想大暴走の巻
そのJ 画面の別人?の巻
そのK 無粋な奴らの巻







(有)癒しの森・ライフヒーリング研究所
代表:山田 博子
プロフィールはこちら

〒444−0843
愛知県岡崎市江口3丁目7−1
TEL 0564−54−9920
(FAXとも)

eメール:info@kirarikomorebi.com

お問い合わせ・ご予約は、
eメール、FAX、お電話にて
ご連絡をください。
 なお、メールでのカウンセリングは行っておりません。
どうぞご了承ください。




-更新情報-




     
  第四話
  




 もしかして石田さんのせい?

石田先生
(以下石田と表記)あはは(←まんが見ながら)これなかなか核心ついているよね。

山田(以下山田と表記)なんか飼い主としては笑えないものがありますけど・・・。

石田:うん、まあね。ピアのこの「里親募集」のチラシ見て、飼いたいと申し出る人ってよっぽどの猫好きか・・・・。

山田:・・・物好きかのどっちかってとこですかね。

石田:しかしピアを拾って来たときは、もう少しおとなしく抱かれていた気もするけどなぁ。うち(癒しの森)での飼い方に問題がありましたかねぇ?

山田:あぁ・・そういえば石田さん、ピアが抱っこされて眠り始めるとケージに入れてましたよね。

石田:だってピアってケージが嫌いで、自分から入ってくれなかったんだよ。

山田:だからほら、あの子「抱かれること=ケージ行き」の法則が刷り込まれちゃったのかも知れませんね。

石田:・・・・・。(←思い当たる為否定できない)

山田:ああっ、でももちろん原因はそれだけじゃありませんよねえぇ・・・。(フォロー遅し)



   状況改善のカギ

石田
まっ
ピアの場合、そういうふうになっちゃったんだから、今さら原因を探してもしょうがないよね!

山田:ええ、まあね。

石田:ピアが抱っこさせてくれないのは、僕らとピアの関係になにか不調和が生じているんだよね。でもその相手であるピアに不調和を改善させることは出来ないわけだから、僕らが自分のあり方を変革させるしかないんだよなぁ。

  
    


 話し、思い切り脱線・・・

山田:
あのぅ・・・石田さん、それってペットの飼い方というより、職場や家庭での人間関係で生じる悩みにありがちなような・・・。ピアの飼い方にもそれが生じているのではないかと?

石田:そうなんだよね〜。人間関係にしてもペットとの関係にしても、そこに不調和があって、その改善を相手に対して求めるのは、大抵において無理だと思わない? さらに問題がこじれてしまう事の方が多いでしょう。

山田:えぇーまぁ。でもそのためにカウンセリングがあるんじゃありませんか?

石田:それはそうなんだけど、僕が言いたいのは「問題を抱えている当人の心が調和していけば、自ら環境も調和していく」てことなんだ。
本来の心の調和を取り戻すという意味で、確かにカウンセリングは非常に有効な手段ですよね。

山田:そういえば「癒しの森」の来談者の方の中にも、相手に対する自分の中のわだかまりが消えたら、不調和な人間関係も急に好転したと言って驚かれる方がよくいらっしゃいますよ。

石田:あと、自分の変化と歩調を合わせるみたいに状況も少しずつ変化していった人とかね。

山田:あぁ〜、ありますあります。あと、自分が変化して、気がついたら知らない間に事態がうまく運んでいた人とか。

石田:あるある〜。それから自分が変化を感じて、パチっ目を開けてみたら世界が180度傾いちゃってた人とか。

山田:ないですよ!そんなもん!!






  不思議な実話

石田:不調和の話で思い出したんだけど・・・。

山田:石田さん、ベタなギャグだったら聞きませんよ。

石田:って違う!! 真面目な話ですってば!

山田:だいたいピアの話からなんでこんなに飛んじゃうんですかね。(←いや、毎回そうだろう)

石田:あのね。悩める当事者自身の不調和を改善することによって、状況も変化することの面白い実話として、ダニの話があるんだよ。

山田:動物やらについているダニのことですか?

石田:うん。ある教会に赴任した神父が、そこにいたおびただしいダニの処置に困ったんだ。神父は殺生をしたくないと考える人だったから。

山田:ええ。

石田:それで悩んだ末に、単刀直入にダニたちに話しかけたんだ。「君たちが住むのは教会の一室だけにしてほしい。そのかわり決して君たちを駆除したりしないから」ってね。

山田:ダニに話しかけたと? ダニたちのために教会の一室を空けたと? 

石田:そう。そうしたら、ダニは本当にその一室に集合して、その部屋から外には一歩たりとも出なかったんだよ。

山田:教会を訪れる人は、誰もダニの被害にあわなかったんですか?

石田:もちろん。それどころか神父は訪れた人たちに、そのダニ専用の部屋を見せて「ほぅら、ダニですら心を開いて話せばわかり合えるんだよ」と教えたというんだ。

山田:なんか・・・すごい話ですね。ダニがですか。

石田:ダニやその他の動植物なんかは素直な分、神父のダニ愛(?)にすぅーと反応するんだよね。

山田:じゃあ、もしかしたらピアだって・・・・。

石田:うん、それが・・・・、ねぇ・・・?

山田:・・・・・・・・・。

      考えるだけ無駄な話の巻 おしまい


   メールフォームからのカウンセリングのお申込み・お問い合わせはこちらから

   電話・FAXでのカウンセリングのお申込み・お問い合わせはこちら
  
    п@0564-54-9920(FAXとも)



                                     このページのトップにもどる



ホーム料金案内会社案内講座案内よくある質問サイトマップ
ようこそ癒しの森です4コマ漫画で始まる癒しの森ティ-タイム裏方うら話||ヒーラー養成講座体験談
マイライフ・ヒーリングストーリーお問い合わせ/ご予約

癒しの森・ライフヒーリング研究所 〒444−0843 愛知県岡崎市江口3丁目7−1
Tel 0564−54−9920(Faxとも)   eメール:info@kirarikomorebi.com

Copyright (C) 2012iyashino-mori All Rights Reserved
〔掲載の記事及びイラスト、写真などの複写・転載を禁じます〕